パンケーキレンズ大好き人間



FUJIFILM X-M1+FUJINON XF27mmF2.8

2018.2.23

写りはいいけどオートフォーカスの音がやかましい、寄れない、とか言われているレンズ。
静まりかえったところは別として通常使いではそんなに気にならないですけど。寄れないって言ってもレンジファインダーレンズの比ではないし。

OVFはSIGMA DP2用の41mmがドンピシャ。小さくて最高。



ビビリな性格ゆえプロテクトフィルター必須です。フィルター径が39mmのためフィルターを付けると真ん中が出っ張る感じで、どうにも不細工。



そこで39mm→52mmのステップアップリングを使用。なるべく厚くしないように52mmのフィルターを嵌めるのではなく、余っていた48mmフィルターのガラスだけ抜き出してステップアップリングに直付け。試作中です。(こだわり暇人 ^^;)



こんな感じです。ガラスの周りはちゃんとしたゴムでふさぐ予定。




フィルムシミュレーションASTIA
彩度落としてます。



1/9 F2.8 ISO400
膝に乗せて撮れるチルト液晶は手ブレに強い。



LUMIX GX7MK2+LUMIX G 20mm/F1.7 II
35mm換算40mmのLUMIX G 20mm/F1.7 IIがあるのに、なんでまた同じようなものを。しかもこちらは内蔵EVF、手ブレ補正付。
教訓 酔っぱらってパソコンの前に座ってはいけません。












フジのカメラにはフジのレンズを使いましょう 2



2018.2.17

小さいレンズには小さいカメラを。
M1の魅力は小さいこと、軽いこと、そしてチルト液晶。
LUMIX GX7MK2からEVFと手ブレ補正を取り除いたような感じだからAPS-Cなのに4/3よりも小型。
LUMIX GX7MK2にオールドレンズを着けると画角が狭くなっちゃうんで、とかなんとかいいながらX-M1の中古を探しました。
安い! ただ安いだけではなくてX-E2と共通の電池と充電器が手に入る。買わない手はないです、ハイ。



EVFは内蔵されておらず、外付けも用意されていないので液晶が見にくいときはOVFに頼ることに。
コシナの35mmOVFが大きく見えます。小さいなあ、X-M1。




周辺がシアンかぶりするので(GXRではさほど気にならない)、LightRoomで補正、または周辺をトリミング。
この写真は周辺トリミングです。
フイルムシミュレーションは「ASTIA」、それでもちょっと派手目かな?



ヘリコイドはレンズがはずれるまで回すことができるので寄れる、寄れる!!













Lマウントレンズで寄る



GXR+COLOR-SKOPAR 21mm F4/SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5/Tessar 35mm F3.5(T-PROOF改)+接写リング

2018.2.12

KIPONから寄れないライカMマウントレンズのための接写リングが発売されています。1万数千円します。
Lマウントレンズなら…  ゼニットマウントのIndustar50-2 M39をLマウントLマウントにするためのフランジバック調整用の袴を接写リングとして利用できます。構造がシンプルなスクリューマウント(内径39mm、ピッチ1/26in)なので他にも接写リングとして使えるものがありそうです。
2014年2月3日の記事

Lマウント Industar50(5,000円位)
マウントに近い部分はフランジバック調整用の袴



その袴を接写リングに。


今回はCOLOR-SKOPAR 21mm F4、SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5、Tessar 35mm F3.5(T-PROOF改)で使ってみました。


COLOR-SKOPAR 21mm F4





Tessar 35mm F3.5(T-PROOF改)











SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5




厚み16mm強の接写リング。
寄れすぎてSUPER WIDE-HELIARの1枚目はどこにピントがあっているのやら(汗)
でも、おもしろい。













カメラのデザイン、レンズのデザイン



LUMIX GM5+SIGMA 30mm F2.8 EX DN

2018.2.10


デザインの好みは人それぞれだけれど、
個人的には、いかにも「カメラでございます」ってのは即却下。
例えば一眼レフのとんがり帽子。これはもうアレルギーです。
しかし、Nikon F は別。この美しい三角形、(今なら危ないからエッジをもっと丸めろとか言われるかも)
これにあこがれてNikon F を購入したのであります。ずっと後になって知った話だがデザインはグラフィックデザイナー亀倉雄策氏でした。
1964年東京オリンピックのポスターのね。
レンジファインダーのNikon SP をベースにしているにもかかわらず意匠的には全く別物のカメラに仕立てられている。寸分の隙もありません。
フイルム時代、後にCanon A1 を買い増した、でも、ほとんど使わないうちに売却。何かが違ったんだよ。カメラのデザインってそういうものだと思う。
一眼レフはデジタル時代になってPENTAX ist DS と Canon 20Dを購入したけれども、それはレンズをもらったからで積極的に購入したわけではありません。
ボディーは益々厚くなり、全体的にもっこりして、もはや遠い存在です。
このもっこりの原因の一つにグリップがあるんじゃないですか?



電気で動くデジタルカメラ。グリップは格好の電池収納スペース、そしてホールディングの向上ということになっています。
Nikon F にはグリップはない。が、ホールディングに困った経験はないです。
ストラップをぐるぐる巻き付けハンドストラップとして使用し、小さなセルフタイマーレバーに中指をかけることで持ち運びは安定し、
撮影時はセルフタイマーレバーにかける指を中指から薬指に換えればば良かった。



なんとも素っ気ないデザインのカメラ、DP2S。これにもグリップはありません。
このDPの後継機、DP Merrill は、もっと素っ気ない。グリップがないのはもちろん、レンズは沈胴しなくなり、黒い円柱と直方体になった。
大きくなったせいもあり、最初見たときは「だっせぇ」と思いましたよ。
でも、DP Merrill がどうも気になる。「カメラ、カメラ」してないからですね。ただの円柱と直方体、要するに積み木。道具としてのカメラの理想形だな。
SIGMA もそれを狙ったんじゃないでしょうか。初代DPにあったボディ前面のFoveon X3センサーのマークが消えている。
Foveon は SIGMAのデジタルカメラの顔なのに……よほど黒くしたかったのか(爆)
巨大化したファイルを使いこなす技量も環境もないので購入は見送りました。DP Merrill のデザインでもっと優しいカメラが出てくれば購入するけどなあ。
(DP2Sに自作のグリップを取り付けてしまった人間の戯言です)



その DP Merrill のイメージの悪夢?から逃れられず、パナの GM5 に円柱と直方体を託しました。
装着しているのは SIGMA のEX30mm F2.8 です。このレンズの後継が金属製になったART 30mm なのですが、プラ製のこちらの方が圧倒的にイイ。

ARTは円柱に走りすぎてる(笑)
左は ART 60mm




グリップのないGM5とEX30mm。
申し訳ないけど黒にこだわって「Panasonic」と「L」はテーピングで消させてもらった。



目立たないカメラ。惚れる。





シンプル イズ ザ ベスト



このレンズは、LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.(鏡胴の一部にマットの黒マーキングシートを貼ってあります)
SIGMA 30mm F2.8 EX DNと径が2.4mmしか違わないのにGM5に装着するとバランスが悪いのでGX7MARKIIへ。パンケーキなのに惜しい。










LUMIX GM5+SIGMA 30mm F2.8 EX DN
気持ちのいい写りです。















ほんとにリュック(3way)を作ってしまった



2018.1.21



前作はリュックフォルムのトートバッグだったけれど同じ型紙でリュックを作ってしまった。
革が柔らかいので、ふにゃけて傾いてます (^^)
詳細はこちら













楽をしようと道具をあさった(革クラフト)



2018.1.20

2018年のファーストページ。
もう更新はないんじゃないかと自分でも思った。いや、引退した方がよかったんじゃないか? もうネタもないし。
懲りもせずまた再び… 今年は何ページ投稿できる??


これまで、たいしたものは作れないんだからと最小限の道具で修行(嘘です、暇つぶしです。)してきたのだけれど、いい加減疲れた、楽したい。
日頃、オートマにはじまって至れり尽くせりのクルマは人間の運動感覚を鈍らせる、カメラの自動化は人を退化させる、とかどうのこうの言っているのは内緒だ。


まずU字型のベルト端落とし 7本セット。
なんとAmazonで2,100円。中国製だろうがそんなの関係ない。ただし、自分で刃を付ける必要がある。左の3本(10,15,20mm)は自宅にあったオイルストーンとミニルータの研磨で刃付け完了。木槌でたたいて抜ければいいのだから切れ味にはそう神経質にならなくてもいい。あとの4本(25,30,35,40mm)は多分使わないから、そのまま。
なぜなら… 次の写真


先にこれを購入しちゃったんだよなぁ。
左からコーナー落とし、U字型のベルト端落とし25mmと30mm。
こっちは最初から刃が付いている。
ベルト端落としは2本で約3,000円。凄く良く切れるんだけどね、2,100円の7本セットに刃付けで十分だった。


ベルト関連でもう一つ、ベルトセンターという定規。1,000円弱で買える。
今までは型紙にセンターの穴位置を印字していた。その都度プリントしなければならないので結構面倒。センターにマーキングできるかの検証は必要だけれどかなり正確なので便利、楽ちん。


次は美錠抜き。刃によって2,000円から4,000円位。もちろん2,000円の方を購入しました… が、これは頑張って高い方を買うべきだった。安いのが使えないということではなく、使う機会が多いので気持ちよく穴が抜けた方がいいから。


これはペン型コバ塗りローラ。約1,800円
コバ処理用のワックスを塗るときにワックスがはみ出さないように先端の溝 にワックスを溜め、先端がローラーのように回転して塗る仕組みになっている。
でも、あまり使わなさそう。使用後は先端を清掃しなければならない。これが面倒くさい。さらに購入直後に試した別のコバ仕上げのほうが調子よかった(次の写真)。 なにやってんだか。


コーキングへらを使ってコバにトコノールを塗って整える。はみ出さないように手に持ったりして結構大変。そこで革の下に紙を敷き、革を押さえてコバに一気塗り。当然、紙にもトコノールが付くが、革をしっかり押さえているので吟面は、ほとんど汚れない。下に敷く紙がポイント。コピー用紙などを包んでいるツルツルの防湿紙を使う。へらで簡単にすくえるので紙も革も汚れない。
トコノールを塗るときは、ペン型コバ塗りローラいらんじゃんか。後の祭り。まあ他で使い道があるでしょう。


ミニルーターとコバ磨き用(黒檀)先端工具約2,500円。
これこそ究極の楽ちん工具と思って購入したのだが……


このミニルーター、驚きの価格。Amazonで2,230円。
ビットは写真の他にも切削ディスクが10枚付いている。ビットの交換も簡単で使い勝手がよい。ご覧の通りの簡体字、正真正銘の中国製だがこれは使える。耐久性はまだ?だけど。


が、そのコバ磨きも出番があまりなくなってしまった。 はあ?

この帆布を使っている。300円。
ただ切っただけでは使いにくいので液晶クリーニングケース(自宅にあった)に入れている。(スポンジに巻いて押し込む)
先程の写真のように防湿紙の上に革を置き、これを使いコバを磨く。スポンジのおかげで帆布がいい感じでコバに密着しスピーディに磨けるみたい。
ただ帆布では荒磨きなのでこだわるなら木でちゃんと磨いた方が良い。


コバを整えるもう一つの秘密兵器?
何に使ったのか分からないが自宅にあった(またまた自宅!、いったいどんな家だ?)電気ゴテ。
そのままでは温度が上がりすぎるのでコントローラーを購入した。Amazonで2,048円。電球用です。違う目的で使用しないで下さい。まあ、使うときは必ずそばに居るんだからいいんでないの?
床面のササクレというか毛羽立ちはみっともなくて、トコノールでもなかなか収まらず閉口していた。これでアイロン掛けすると一発です。


以前何かと間違えて購入したワックス。熱してコバに塗るものらしい。
確かにコバがそれらしく仕上がる。
なんだか自宅にあったものばかりだ。


なんだ、なんだ 結局有効だったのはベルト端落とし7本セット、ベルトセンター、美錠抜き、帆布、コントローラー、総計8,000円弱。
購入した金額の半分にも及ばない。
こうして個人消費を伸ばし、日本経済にささやかながら協力しているのであります。

※素人なので道具の使い方が正しいかどうかは不明です。あしからず。












Previous← →Next

Category

工 作


.革クラフト
No.50 リュックとか3wayバッグ製作 NEW
No.49 リュックフォルムのトートバッグ製作
No.48 2つの顔を持つショルダーバッグ
No.47 カメラバッグの改良?
No.45 iPhone SEケース製作
No.44 お散歩カメラバッグ製作
No.43 自作 トートバッグ
No.42 続・続・腰の革袋(ショルダーポーチ)
No.41 自作 Lサイズ カメラバッグ
No.40 自作 ベルトフック
No.39 自作 A4サイズのショルダーバッグ
No.38 自作 ショルダーベルト
No.37 自作 腰の革袋
No.36 自作 2ウェイストラップまとめ
No.35 自作 ワイコン収納ポーチ
No.34 自作 革製レンズキャップ
No.33 自作 モバイルWiFiルーターケース
No.32 自作 GR用ソフトケース
No.30 グリップからストラップへ
No.29 改良 ストラップからグリップへ
No.27 自作 OVFケース
No.23 自作 GR専用ベルトポーチ
No.21 自作 GXR+S10専用ベルトポーチ
No.20 自作 続・外付けEVF対応ポーチ
No.19 自作 超ミニカメラバッグ 外付けEVF対応
No.18 自作 レンズ(GXRユニット)ポーチ
No.17 自作 脱着式ストラップ
No.16 自作 斜め掛けストラップ
No.14 自作 カメラベルトポーチ(縦型)
No.13 改造 GXR用ポーチ→自作
No.12 自作 カメラ小物用ベルトポーチ
No.10 自作 カメラバッグ(ポシェット?)
No.09 自作 RICOH GXRマウントユニットケース
No.08 自作 SONY NEX-5 グリップ
No.06 自作 カメラバッグ
No.05 改造 SIGMA DPケース
No.04 自作 SONY NEX-5 ボディースーツ
No.02 自作 ベルトポーチ
.その他
No.46 超広角レンズを比べてみた NEW
No.31 簡易スタジオ改良
No.28 GXRのボディキャップレンズ再び
No.26 GXRのボディキャップレンズ製作
No.25 Tessar(再)&MマウントNikon28mm(MINI)
No.24 MマウントTessar35mm 製作
No.22 自作 SIGMA DP木製グリップ
No.15−1マウント改造 CONTAX G→M(1)
No.15−2マウント改造 CONTAX G→M(2)
No.15−3マウント改造 CONTAX G→M(3)
No.11−1簡易スタジオ(1)
No.11−2簡易スタジオ(2)
No.07 改造 Fuji Finepix E550 ワイコン
No.03 改造 SONY NEX-5 簡易EVF
No.01 自作 SIGMA DPグリップ

写真とか カメラとか


過去の記事〈備忘録〉
...............................................................

2018 Index  
2017 Index  2017 Top
2016 Index  2016 Top
2015 Index  2015 Top
2014 Index  2014 Top
2013 Index  2013 Top
2012 Index  2012 Top
2011 Index  2011 Top
2010 Index  2010 Top
...............................................................

SIGMA DP1x─────────────────
SIGMA DP2s─────────────────
RICOH GR──────────────────
RICOH GXR ─────────────────
A12 50mm F2.5
A12 28mm F2.5
A16 24-85mm F3.5-5.5
S10 24-72mm F2.5-4.4 VC
P10 28-300mm F3.5-5.6 VC
MOUNT A12
■ Biogon 21mm F2.8(G改)
■ Biogon 28mm F2.8(G改)
■ Planar 35mm F2.0(G改)
■ Planar 45mm F2.0(G改)
■ Sonnar 90mm F2.8(G改)
■ Tessar 35mm F3.5(T-PROOF改)
■ Nikon LENS 28mm F3.5(Nikon MINI改)
■ SUPER EBC FUJINON 24mm F3.5(TIARA改)
■ Retina-Xenon 50mm F2
■ ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6
■ SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5
■ SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4
■ COLOR-SKOPAR 21mm F4
■ COLOR-SKOPAR 50mm F2.5
■ HEXANON AR 40mm F1.8

■ HEXANON AR 50mm F1.7
■ HEXANON AR 52mm F1.8
■ HEXANON 57mm F1.4(AR)
■ HEXANON AR 135mm F3.2
■ HEXANON AR 200mm F4.0
■ Micro-NIKKOR-P 55mm F3.5

■ NIKKOR 105mm F2.5
FUJIFILM X-E1───────────────
FUJIFILM X-E2───────────────
■ FUJINON XF23mmF2 R WR
■ FUJINON XF35mmF1.4 R
■ FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM X-M1───────────────
OLYMPUS E-PL1 ──────────────
■ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L
OLYMPUS E-P5 ───────────────
■ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ SIGMA60mm F2.8 DN
LUMIX GX7─────────────────
■ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.
■ LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ SIGMA60mm F2.8 DN
LUMIX GX7MK2───────────────
■ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.
■ LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ SIGMA60mm F2.8 DN
LUMIX GM5─────────────────
■ LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.
■ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.
■ LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
SONY NEX-5 ────────────────
■ G Planar 35mm F2.0(G)
■ G Planar 45mm F2.0(G)
■ G Sonnar 90mm F2.8(G)

■ HEXANON AR 52mm F1.8
■ HEXANON AR 135mm F3.2
■ HEXANON AR 200mm F4.0
PENTAX ist DS ───────────────
■ DA 21mm F3.2AL Limited
Nikon F───────────────────
■ NIKKOR-H 28mm F3.5
■ Micro-NIKKOR-P 55mm F3.5
■ NIKKOR 105mm F2.5
CONTAX TVSII ───────────────
BESSA L + SWH 15mm ───────────
オールドコンパクトデジカメ──────────
FUJIFILM FinePix A203
FUJIFILM FinePix F710 FUJIFILM FinePix F810
KYOCERA SL300R
MINOLTA DiMAGE S304
Konica Revio KD-510Z
Nikon COOLPIX900 Nikon COOLPIX5000
Nikon COOLPIX5400 Nikon COOLPIX4500
RICOH Caplio GX8
■ SONY Cyber-shot F77
...............................................................

Bluebonnet
denpark
highwayoasis
広島県竹原市(DP2s)
岩倉市五条川 桜
なばなの里 春
エアポートウォーク(GX8 GXR+SWH15mm E-PL1)
南知多ひまわり畑(DP2s GXR E-PL1)
伊良湖──赤羽根(DP1x DP2s GXR E-PL1)
博物館明治村(DP1x GXR+CONTAX G改 E-PL1)
ミホミュージアム(GXR+CONTAX G改 E-PL1 GX8)
沖縄(E-P5 GR GXR GX7)
妻籠宿(E-P5 GX7)
New York(FUJIFILM XQ2)
...............................................................

SIGMA DP2s 緑かぶり補正
EPSON PM-4000PX 廃インクパッド交換
EPSON PM-4000PX ノズルの洗浄
...............................................................

(C) Copyright Photo All Rights Reserved