previous    craft    photo/camera





想い出 2

──2021/03/25──



SIGMA DP1 Merrill


Capture One 20がα7Cに対応しないのでRAW現像はDNGに変換するつもりだった……面倒くさっ。
それで期間限定キャンペーン中のLuminar AIに乗り換え。11,980円が10,780円、さらに2,300円相当のテンプレート集(カーボンコレクション)が付属、あとポイントが10%ついて実質いくら?

AIとやらでボタンをクリックするとどんどん写真が変化していく。空、換えますか? 構図、換えますか? みたいな。さすがにこれらは人任せにしたくない 笑。 現像、レタッチは高機能で既存のテンプレートをベースにオリジナルのテンプレートを制作、保存できる。さらにAIで色々楽しめると考えると激安ソフトです。しかも買取。月額払いをいやがる人、多いからねぇ。



テンプレートではなく編集ツールに LUT(ルックアップテーブル)を使用したムードツールがあります。Kodack chrome 3という LUTを使ってみました。「c」はタイプミスではありません。Kodakじゃないよというメッセージですか? これをベースに粒子を追加、特定色の明度を少し落としてKodachromeというテンプレートを作りました。まっ、雰囲気だけでも。



 <     > 

Hotophoto page   SIGMA DP1 Merrill   Index


(C) Copyright Photo All Rights Reserved     hotophotodays@wing-ms.com